最新の矯正歯科で行える歯列矯正についてご紹介!インビザラインをご存知?審美歯科って何?インプラントって高いの?歯科治療についての素朴な疑問をズバッとお答えいたします。歯や口元に悩みを抱えている方必見の充実した内容をお届けします。

歯列矯正をするためには、歯の表面に銀色のワイヤー装置を装着しなければいけないと多くの人が思っています。
歯並びをきれいにしたくても、ワイヤー装置に抵抗があるために治療を受けられないという人もいるほどです。

そこで、ワイヤー装置を使わない歯列矯正が登場しました。
インビザラインという治療法で、ワイヤーの代わりに使用するのは透明なマウスピースです。
インビザラインでは、お口の状態をコンピューター上に再現し、マウスピースを装着することでどのように変わっていくかをあらかじめシミュレーションしています。
患者さんもこの様子を見ることができ、治療期間の目安や、最終的な歯並びの様子を確認することができます。

インビザラインで使用するマウスピースは、歯型にぴったり合うというものではありません。
歯を正しい位置に動かすように作られているので、初めて装着するときは少し窮屈な感じがするかもしれません。
しかし、装着しているうちにだんだんと慣れていき、治療の段階ごとに新しいものを作り直すことで、歯を移動させていきます。

インビザラインのメリット

歯科助手

インビザラインのメリットは、なんといってもワイヤーを使わないことになります。
マウスピースは透明なので、装着していても目立たないというメリットがあります。
装置が目立たないということは、矯正治療をしていることが周りに気付かれにくいということです。

食事の際の利便性や衛生面も優れている

さらに、マウスピースは自分で取り外しができます。
取り外しをすることで、食事や歯磨きはいつも通りに行うことができます。
ワイヤーのように、食事をすると装置に食べ物が入ってしまったり、痛みを感じるということがありません。
使用後は自分で洗うことができるので、とても衛生的です。
衛生的という面からすると、自分の歯も歯ブラシできれいに磨くことができます。

審美性向上

また、従来のワイヤー装置はとても目立つので審美性に問題がありました。
粘膜にあたって痛みを感じることも多く、発声にまで問題が出てしまうことがありました。
その点、マウスピースは透明なので審美性も問題なく、発声にもトラブルはありません。

インビザラインはトラブルも少ない安全な治療

インビザラインは今までにない新しい歯列矯正を行うことができます。
接客業や人前に出る仕事などで、矯正装置を装着することができなかった人たちも、安心して治療を受けることができます。
痛みなどのトラブルもありません
事前にコンピューター上でどのようになるのかを確認できるというのも、今までにない特徴です。

インビザラインにかかる費用や治療期間は?

紙幣

インビザラインの治療を始める前に、気になるのが費用や治療期間でしょう。
歯列矯正には健康保険が適用されません
そのため、費用は全額自費扱いとなります。
保険治療の場合は、国によって治療費が決められていて、かかった総額の30%だけの負担になりますが、保険外治療の場合は、歯科医院が独自に費用を決めることができます。

費用は歯科院によってまちまち

そのため、インビザラインの費用は歯科医院によって異なります。
インビザラインを扱うためには、コンピューターの導入など費用がかかります。
そのため、ある程度高額な治療費が必要になります。
歯科医院によっても異なりますが、軽度な矯正であれば50万円ほどで治すことができます。
歯並び全体の矯正をする場合は、70~80万円ほどが目安になりますが、状態によっては100万円以上かかることもあります。

治療期間と来院回数

そして、治療期間ですが、インビザラインでは従来の矯正よりも来院回数が少ないという特徴があります。
ワイヤー矯正は、2~4週間に1度、装置の調整が必要でしたが、インビザラインの場合、治療が軌道に乗れば2カ月に1度の来院になります。
もちろん、治療を始めた時は数週間に1度の来院が必要ですが、今までの方法と比較すると回数は大幅に減ります。

インビザラインの治療期間は、歯並びの状態によっても変わりますが、平均的に2~3年ほどかかります。
2年ほどかけて歯並びの状態をおおまかに整えていき、その後に微調整をするというのが一般的です。
軽度な矯正であれば、1年ほどで終わることもありますが、まずは歯科医院に相談してみましょう。

初めての方はまずは相談を!

初めて矯正治療をする場合は、分からないことが多く緊張してしまうかもしれません。
けれども、インビザラインは世界的に使われている治療法で、症例数も多くあります。
治療期間は従来のワイヤー矯正と同じくらいですし、費用は安くなる場合もあります。
状態によって変わるので、安くならないこともあります。

日本人は顎が小さいので、歯がきれいに並ばずにデコボコになってしまう人が多いです。
口元にコンプレックスがあると、手で隠す癖がついてしまうこともありますが、矯正をすればそのコンプレックスは解消されます。
インビザラインを行いたいと思ったら、まずは歯科医院に相談してみましょう。
歯型やレントゲンを撮影して、より詳細な状態を確認することで、どのように治療を進めて行くかというこれからの話をすることができます。
透明なので目立たずに矯正できるというメリットがあります。