最新の矯正歯科で行える歯列矯正についてご紹介!インビザラインをご存知?審美歯科って何?インプラントって高いの?歯科治療についての素朴な疑問をズバッとお答えいたします。歯や口元に悩みを抱えている方必見の充実した内容をお届けします。

インプラントは入れ歯よりも治療費が高い

人間の歯は、乳歯から永久歯へと一度きりしか生え変わりません。
そのため、永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えることはありません。
歯がないと噛むことができないばかりか、見た目も悪いので入れ歯という治療を行ってきました。
しかし、入れ歯は粘膜にあたって痛んだり、噛みにくいといった問題がありました。

インプラントはそのような入れ歯のデメリットを補う、まったく新しい治療法です。
歯のない部分の顎の骨にチタン製のネジを手術によって埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで、自然な噛み心地を実現しました。
インプラントに使われる人工歯は白いセラミック製で、透明感のある白さが特長です。
美しい見た目と、噛み心地を両立した治療とあって、多くの患者さんが希望するようになりました。

けれども、インプラントは保険が適用されないので費用が高くなる傾向にあります。
治療費はインプラント1本あたり平均で30~40万円ほどです。
失った歯の本数が多ければ多いほど治療費は高くなっていきます。
埋め込む手術の負担と、経済的な負担があることで、インプラント治療をしたくてもできないという患者さんもいます。

また、インプラントは人工歯を装着したらそれで終わりというわけではありません。
自分の歯のように噛むことが出来ても、人工の物なので定期的なメンテナンスが必要になります。
メンテナンスは数カ月に1度行う必要がありますが、定期的に受診することで、悪くなる前に治療をすることができ、自然な噛み心地を長期間維持できるというメリットもあります。

最近は、費用の面からインプラントではなく、新しい素材でできた入れ歯の人気も高まっています。
バルプラストは、指で曲げられるほどやわらかい樹脂でできており、お口の中に入れても違和感が少ないという特徴があります。
ウェルデンツは、入れ歯の特徴である、ピンクの粘膜部分がありません。
歯の形をしていて、残っている歯に掛けるようにして使います。

失った歯をそのままにしていると、食事がしにくいだけでなく、残った歯が倒れ込んでしまうといった問題につながります。
インプラント治療をすることで、見た目と噛む機能の回復をすることができます。
バルプラストやウェルデンツのような、新しい入れ歯も治療する際には検討してみましょう。
保険は適用されないので、一般的な入れ歯よりは高額になってしまいますが、インプラントよりは安く治すことができます。

インプラント治療をご検討中の方へ

いざインプラント治療をしたい!と考えてみても実際にどこで手術を受ければいいのか迷ってしまいます。
東京や大阪などではすぐに技術力の高い専門の歯科医や最新設備が整った歯科医院が見つかるでしょう。
では、例えば福岡県ではどこでインプラント治療を受ければよいのでしょうか。
その答えは、北九州市にあります。
北九州市の八幡西区でインプラント治療ができるので探してみると良いでしょう。
人口の多い街として知られ、陸海空と交通の要所として有名です。
同じ福岡県内の福岡市からも往来しやすいのです。
ノーベルガイドといった正確にインプラント手術を行う方法や即日治療が完了することもできるので福岡県民は是非検討するべきでしょう。